紙オムツは、紙オムツのパックさえ買えば使えますが、布おむつはそうはいきません。
ですが、あまりにしっかりと準備をしても、「結局続かなかった~」という残念なお話もよく聞きます。

なので、布おむつを始めるとき、“準備は最低限に” を私はオススメしています。そして徐々に慣れてきたら、可愛いグッズ、便利なグッズを買い足して、布おむつを「楽しんで」ほしいと思います。

では、私が推奨する “最低限の準備品” は下記になります。

(1) 輪形おむつ
・・・初心者~上級者まで、もっとも愛されているおむつです。畳む一手間は必要ですが、アレンジもしやすいですし、乾きやすいです。
ドビー織仕立て済み(輪おむつ)布おむつ


(2) おむつカバー
・・・低月齢から始めるなら安価のものを探しましょう。70〜80サイズになってから買う場合は長く使えるので、ある程度高価なものを買うといいでしょう。
外ベルト布おむつカバー


(3) バケツ
・・・個人的にはフタはあってもなくてもいいと思います。(それほど重要ではないと考えてます)ただ、夏などは、洗濯まで置いておくおむつのニオイが気になるかもしれないので、フタがないよりは、あるものを用意したほうがいいでしょうね。
最近はインテリア性にもこだわったバケツがたくさんあるのでチェックしましょう。
sceltevie(セルテヴィエ)オムニウッティ


(4) 洗濯用洗剤
・・・これは必ず無添加のものを選んでください。無添加の洗剤もいろいろ販売されていますが、個人的におすすめなのはアルカリウォッシュや重曹、LCRです。詳しくは布おむつに使える洗剤はこの5種類! の記事で紹介しています。


(5) おしりふき
・・・布おむつの場合は、おむつをおしりふきとして使うという方法がありますが、枚数に余裕がないとできませんし、そのままではやはり大きい。「おしりふき」はやはりあったほうがいいかと思います。
初めは市販のおしりふき(使い捨て)のものでもいいでしょう。ですが防腐剤などが気になるという方は、おひさまのおしりオリジナルのおしりふきを販売しているので、興味があったらチェックしてみてください。
繰り返し使える おひさまのおしりふき


ここまでが最低限必要なものです。
これだけ揃えれば、とりあえず布おむつは始められます。


新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー