代表的な布おむつとして、輪形おむつと成形おむつの2種類があります。
どちらも、昔から日本において親しまれてきたおむつです。

だからこそ、準備をする際に、いったいどっちがいいんだろう?と悩む人も少なくないでしょう。
そんな悩みの参考になるよう、輪形おむつと成形おむつのことをまとめてみます。


輪形おむつ

その名のとおり、輪っか状になっている薄いおむつのことです。愛用者は非常に多いです。平織り、ドビー織りなどの生地の種類があります。最近ではドビー織りが人気です。


長所
・乾きやすい
・厚みの調節がしやすい
・汚れが落ちやすい


短所
・たたむ手間が必要
・かさばる
・反物を買った場合は使用前に縫う必要があり
(すでに輪形になっているものも販売されています)


成型おむつ

成形おむつとは、股にあてがう形でパッドのように成形されているものです。
形は小判型やだるま型などがあります。


長所
・たたむ手間が必要ない
・干すスペースを取らない
・コンパクトなので持ち運びに便利

短所
・厚みがあるため乾きが遅い
・吸収量に不安がある



輪形おむつ、成形おむつ、それぞれに一長一短あります。
布おむつユーザーの大半は輪形おむつを愛用していますが、外出時などにも布おむつを使っている人は、外出時のみ成形おむつなど使い分けたりしています。また、輪形おむつの間に成形おむつを挟んで、吸収量をアップさせるという方法もあります。

どちらがいいとは一概には言えませんので、ぜひ両方試してみて、自分に合ったやり方を見出してくださいね。


新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー