布おむつを使っていると、赤ちゃんの排泄を常に意識するようになりますよね。
それはとてもいいことだと思います。

ですがその半面、眠っているときも気になるのがおむつのこと。

nemuru


せっかく眠っている赤ちゃんだけど、おむつの上からクンクンとにおいを嗅いでみれば
おしっこ(うんち)が出ていることはすぐに分かります。
でも赤ちゃんはお構いなしにぐっすり…。

そんなときはどうすればいいのか悩みどころですよね。
せっかく寝ているのだから起きるまで待つ?
でも長くそのままにしていてはかぶれてしまう?
でも起こすのは可哀想だし、機嫌も悪くなりそうだし…。

さあ、どうしましょう?



こんな引っ張っちゃってますが(笑)
実はこの悩みに正解はないと思っています。
赤ちゃんの月齢にもよりますし、赤ちゃんの肌の弱さにも関係しますからね。

例えば、まだ新生児~1ヶ月くらいの少量のおしっこであれば、起きる時間までそのままにしておいてもいいかもしれません。
赤ちゃんはまだまとめて眠る月齢ではないですし、おしっこの量もそれほど多くないので、漏れたりする可能性も低いですからね。(うんちも同じです。)

それに、低月齢のうちはママも疲れていると思うのでせっかく寝ているのであればそのままでもいいでしょう。


ただ肌が弱い子、すでにおむつかぶれができている子は、そうはいかないですね。
おしっこやうんちをそのままにしておくと、悪化してしまう恐れがあります。そんなときは(紙オムツ自体受け付けない子以外は)眠るときだけでも紙オムツに頼ってもいいでしょう。



上図のように、ねんねから起きたら布おむつに交換してあげて、そのまま布おむつで過ごし、寝かしつけるときに紙オムツをつける。
もちろん、「こうしなきゃいけない」と決めつけることなく、臨機応変でOKです。



そして、ある程度、まとめて眠り、まとめて排泄するようになった赤ちゃんの場合。
おむつ交換のために睡眠を中断させるのは好ましくないです。

私がお勧めしたいのがファジバンズというアメリカのおむつです。
ファジバンズは肌に触れる部分がマイクロフリースになっているので、おしっこをしても表面はサラサラの肌触りをキープできます。一般的な布オムツ+おむつカバーよりは、肌に優しいでしょう。

防水もしっかりしているので、漏れにくいという特徴もあります。
漏れにくいということは外出時の使用にも最適なんですよね。


お昼寝や夜眠るときだけは紙オムツに頼るのも、もちろんいいでしょう。
でもせっかくなので、できれば布おむつで過ごさせてあげたいですよね。

極力『起こさなくても快適に過ごせる布おむつのやり方』を探していってもらえたらいいなぁと思います。



新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー