布おむつにチャレンジするのは
一体いつ頃がやりやすいのかを考えてみました。

そうして考えてみたとき
個人的には、出生後すぐから始めるのが
一番かなと思います。
その理由は消費量慣れです。

乳幼児は本当にしょっちゅう排泄をします。
1歳を過ぎても1日10回以上はおしっこをするのです。
これが低月齢であればあるほど量は少なく回数は多いのです。

だからこそ紙おむつの消費量は凄まじいものになり、
少量のおしっこのおむつをもったいないと思う気持ちから、
おむつ替えを疎かにしてしまう傾向もある
からです。


もうひとつは慣れです。
やっぱり“慣れ”というのはすごいもので、
新生児期から布を使っていると当たり前のように布おむつライフに溶け込めます。

逆に一度紙オムツに慣れてしまうと、
1から布おむつに慣れるまではかなり大変だと言えるでしょう。



でも一方で、
始めるならある程度月齢が進んでからがいいと言う人も少なくありません。

その理由としては、おしっこやうんちの回数が
少なくとも低月齢の頃よりは落ち着くこと。
うんちも固形化してきて、おむつの後処理もやりやすくなることが挙げられます。

また、育児にも慣れて生活に余裕が出ることも、
布おむつにチャレンジするにはいい傾向なのかもしれません。


出産というのは大仕事ですし
産後の肥立ちが悪い場合だって考えられます。

まずはママ自身が体を労わって、回復させることが最優先ですから、
出生後2~3ヶ月経ってからでも遅くはないでしょうね。


これは人それぞれの生活スタイルによっても大きく変わるでしょう。

里帰り出産の方、産後すぐから夫婦2人で育児をする方、
ご両親と同居されている方、早い時期に仕事に復帰される方などなど・・・。

はじめから完全布おむつを目指すのではなく、
大変なときは紙オムツに頼るのもアリです。

紙オムツの手もうまく借りつつ、
布おむつ生活の楽しさを感じていってほしいと思います。



新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー