使い捨てオムツ…いわゆる紙オムツで育児をしている人たちは、使用済みオムツの臭いや処理(特に夏場!)おしっこをたっぷり含んで重くなった紙オムツのゴミ捨てに、苦労をされていることと思います。


臭いがもれないように、ビニールや新聞紙に包んでいる人もいるでしょう。
紙オムツだけでも大量なゴミになってしまうのに、ゴミの上塗りになってしまっていませんか?

最近人気のおむつ専用ゴミ箱だって、結局はカートリッジが必要になります。
そのビニールも、もちろんプラスのゴミです。

おしりふきも同じですね。
紙オムツという名のゴミは、新たなゴミをどんどん呼び集めているんです。


そして、紙オムツのうんちすらトイレに流さずそのまま捨てるという人もいるのですから、
正直、唖然とします。


大切で可愛い我が子を育てるために排出されたゴミが、
大切で可愛い我が子たちの世代の環境を苦しめているような気がしてなりません。


「育児は大変なんだから、そんなことまで考えていられない」
「使ってポイじゃないと、ストレスがたまってしまう」

そう言う人もいるでしょう。

でもそれ、本心ですか?

布おむつを使ってみようと思ったこと、ありますか?
1日1枚だけでも布おむつを使うことで、
1日1個でも紙オムツゴミを減らそうと思ったことありますか?
本当にできないと思いますか?



例えば自分の出したゴミ袋がカラスに荒らされ、
使用済みオムツがボロボロになって散乱してしまったら…
あなたはそれを快く掃除できますか?
その中に、流していないうんちのおむつがあっても?


紙オムツは便利なものです。現代社会には不可欠なものだと思っています。
焼却しても環境への影響はさほどないとメーカーも明言しているようですし、メーカーも常に努力している部分だと思います。

ですが、今はゴミを減らそうという観点から布おむつ育児を推進している自治体も増えています。

布おむつを格安で提供したり、産婦人科とも連携して使い方を母親にレクチャーしたりしているようです。

そのような自治体があるのですから、やはりゴミを増やすばかりの100%紙オムツ育児は、見直されるべきではないかと思うのです。



紙オムツを使うなとはもちろんいいません!活用すべき利点は、紙オムツにもたくさんありますからね。
が、紙オムツ使用、そして廃棄には最低限のモラルが必要ですし、1人1人ができることから始めるべきだと思います。

完全じゃなくてもいいんです。1日1回だけでも、布おむつに変えてみませんか?
ずっと1日1回でもいいんです。
2年間そうして続ければ365日×2年=730枚ものオムツゴミを減らすことができるんですよ。


ですが、自分はやるべきことはやったと、将来子供に胸を張れるように。
ほんの少しでも、環境のことを考えてみませんか?

使い捨てばかりの時代は、寂しいですよ。



新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー