布おむつのことを調べていて
撥水」(はっすい)という言葉に出会った方も少なくないと思います。

それと同時に “撥水ってなに?” と疑問に思う方もいるでしょう。


布


撥水とは簡単に言うと「水をはじく現象」のことです。
水をかけると水分が玉になり、コロコロ転がる現象。ビニールの層ができたような状態と想像してください。

つまり、おむつにより、撥水しないほうがいいものと、逆に撥水させたほうがいいものがあります。


撥水NGなものというのは、大まかにいえば「吸収体」となるものです。
吸収体とは多くの方が使っている輪形おむつ、成形おむつなどのことです。つまり、おしっこを吸収しないといけないもの、ですね。

吸収体が撥水していると、もちろん、おむつがおしっこをはじいてしまい、おむつの中、赤ちゃんのお尻はべちょべちょ、漏れの原因にもなります。
ファジバンズハッピーハイニーズなどのポケット式を使っている場合も、フリース部分が撥水しては致命的です。ポケットの中のインサーツ(吸収体)までおしっこが届きませんからね。注意しましょう!
(ちなみにファジバンズハッピーハイニーズでも、カバーとして使用している場合は、神経質にならなくてOK)


逆に撥水してもOKのものは、大まかにいえばカバーですね。水分をはじくので、外に水分が漏れなくなります。
防水性のないカバーを、わざと撥水させて、防水カバーにしてしまうという方法もあります。


ですがカバーがすべて撥水していいわけではありません。
防水性のないカバーというのは、その分、通気性が長所ですので、こまめにおむつ交換をすることを前提に、そのまま使うのも一つの使い方だと思います。


気になる撥水の原因ですが、まず洗濯洗剤や柔軟剤、固形石けんの使用が挙げられます。
柔軟剤入りの洗濯洗剤ももちろん含みます。

撥水してはマズイ!というおむつ類は、通常、大人の洗濯で使うような洗剤・柔軟剤は使わないようにしましょう。


そして注意すべきはベビー用の衣類洗剤でも撥水してしまうことがある、ということです。使わないほうがベターだと私は思います。


私は、ある程度月齢が進んだら、子供のおむつも、大人の洗濯物と一緒に洗っていましたが、おむつがあるので柔軟剤は一切使いませんでした。(洗剤の代わりにはLCRを使ってました)
タオルはどんどん硬くなるし、大人からするとちょっと物足りなかったですけどね。でもおむつがパリっとなるのもなかなか快感でした♪


逆に撥水させたい場合は、洗濯用固形石けんなどをごしごし擦りつけてから、一回洗えばOK。見事に撥水するハズです。


新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー