トイレトレーニングを始めるには「おしっこ間隔が2時間開いたら」というのは今や決まり文句になっていますね。
そのため『トレーニングを始めたのですがおしっこの間隔は30分しかありません。まだ早かったのでしょうか』という悩みや相談もよくお受けします。

075


「おしっこ間隔が2時間開いたら」というのは紙オムツメーカーが、できるだけ長い期間、紙オムツを購入してもらえるよう、親をうまく誘導しているものだと思っています。

それだけでなく、昨今の育児は昔に比べると、「のんびり」「遅め」という志向になっていて、つまり『成長を待つ』育児が主流になっていることも、その理由の一つでしょう。


ですが、その概念を打ち破ることは、決して悪いことではなく、結果的にはそのほうが楽な道ということもあるんです。


おしっこ間隔が2時間開くのを、のんびり待っていたとしましょう。何歳になると思いますか?

正直、2歳や3歳ではないです。ずっとオムツをつけていたとしたら、4歳でも溜められないかもしれない。だっておむつをしていたら、おしっこを溜める必要ないですものね。


もしあなたが赤ちゃん(お子さん)だったらどうですか?
生まれてからずっと24時間おむつをつけられていて、排泄はおむつの中で好きなときに垂れ流しにするのが当たり前で、生まれてからずっと、その方法で何の問題もなくて、それ以外の方法があるなんてこれっぽっちも知らなくて・・・
そんな中で、おしっこを2時間も溜めておこうって思いますか?

もちろん膀胱の大きさ(成長)も多かれ少なかれ関係すると思います。が、人の体って、生活環境によって、いくらでも変わるんです。


ですから、トイレトレーニングを始めるにはおしっこ間隔にとらわれないでほしいと思います。
おしっこ間隔にとらわれる=紙オムツ企業の戦略にまんまとハマったことになります。




私の経験上、おしっこ間隔は30分からでもトイレトレーニングは始められます。そしてきちんとおむつは外れます。

スタートが30分間隔だったとしても、だからトイレトレーニングに時間がかかるということもありません。
むしろ、しょっちゅうおしっこが出ていたほうが成功する確率も上がり、排尿のコツをつかむチャンスも多いのですよ。


新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー