布おむつは一体何で洗えばいいのか。
洗剤は使っていいのか。石けんなのか。手洗いするときには何か使ったほうがいいのか。
布おむつ洗いに関する疑問は数多くあります。


42b5051b470cf837c69d259e4df44614_s

難しく説明するよりも「使えるもの」を示したほうが分かりやすいと思うので、布おむつ洗いに使える洗剤類を5種類紹介します。
この中から選べば間違いはないので、参考にしてみてください。


布おむつ手洗い&洗濯に使える洗剤類とは

ベビー用肌着おむつ洗剤

赤ちゃん用品店やドラッグストアでも手に入りやすい、ベビー用洗剤。
ベビー用と謳っているだけあって、不要な化学物質は使われておらず、赤ちゃんの肌に優しい洗剤となっています。
布おむつだけでなく、赤ちゃんの肌着やウェアの洗濯にもお勧めです。
(コンビ、チュチュベビー、エルミー、白い天使、ベビーランドリー、ファーファなど)
【浸け置きにも使えます】
※撥水には要注意。また、肌の弱い子はおむつかぶれにも注意。


酸素系漂白剤

酸素系漂白剤と言えば、色柄物にも使える漂白剤。
塩素系よりも安全というイメージがありますね。
酸素系漂白剤は、水に溶かすことで活性酸素を出し、その酸化力で汚れを落とします。
うんちおむつの浸け置きなどに使用できますが、日常的に使うのではなく、汚れが特に目立つ時だけの使用に留めておいたほうがいいですね。
 【浸け置きにも使えます】


無添加せっけん(液体石けん)

純石けんを原料とした無添加の洗剤は、布おむつを洗うのにも安心して使えます。もちろん、敏感肌の家族にも適しています。
液体のものを選べば、すすぎ残しも抑えられます。
※撥水には要注意。


アルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダ)

布ナプキンを使っている人にはなじみのあるアルカリウォッシュ。
布おむつの洗濯にももちろん使えます。洋服も同じです。
天然物質ゆえ、すすぎが1回で済むので節水・節電にもなります。
【浸け置きにも使えます】


洗濯リング

洗濯機に入れるだけ。洗剤不要なのでもちろん、すすぎは1回でOK。
すすぎ残しの心配もまったく要りませんし、 洗濯排水も綺麗なので環境負荷は低いです。
リングを購入するときは出費になりますが、壊れない限り半永久的に使えるので
コストパフォーマンスも素晴らしいです。


まとめ

洗剤も、悩み始めるとキリがないんですよね。「肌に優しいもの」ってたくさんありますから。

ですので、とりあえず最初は定番のベビー用洗剤を準備していいと思います。布おむつユーザーでも、ベビー用洗剤を使っている方は非常に多いです。

ベビー用洗剤は、前述のとおり、コンビ、チュチュベビー、エルミー、白い天使、ベビーランドリー、ファーファなどがあります。パッケージに『ベビー肌着・おむつ用』と書いてあることが多いので新米ママでも分かりやすいですね。


ちなみに管理人は洗濯リング(LCR)を愛用していました。(洗剤はコスパが低いと感じたので)そして着け置きには重曹かアルカリウォッシュを使っていました。
詳しくはオススメ!洗濯リングで布おむつを洗うの記事を参考にしてください。


新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー