布おむつユーザーさんに、布おむつを使おうと思ったきっかけを聞くと

「自分が布ナプキンを使っていて快適だから」
「使い捨てナプキンは不快だから」

という答えが返ってくることも少なくありません。


私は、布おむつを使っていてあまりに子供が気持ち良さそうだったので、自分も布ナプキンにしてみようと思って使い捨てナプキンをやめたという逆のパターンだったんですが、やはり、妊娠前に布ナプキンを使用していた人たちは我が子にも同じ快適さを・・と自然に考えるようですね。


さて、そんな使い捨てナプキン(ケミカルナプキン)ですが、
水分を吸収して閉じ込めるという点では、紙オムツと同じものです。

主な素材は、高分子吸収体(高分子ポリマー)ですね。これはご存知だと思いますが、石油から作られているものです。

そんなポリマーを、真っ白に漂白した綿花で包んだのが紙オムツ・そして使い捨ての生理用ナプキン(タンポン含む)です。


そんなものを、女性は性器に直接あてて使用しています。それが何を意味するか分かりますか?

『経皮毒』※1です。

※1…経皮毒(けいひどく)とは皮膚から有害性のある化学物質が吸収されることとして、竹内久米司らがその著書『経皮毒―皮膚から、あなたの体は冒されている!』で使用している造語。主に健康法に類する著作に多く見られる俗称であり、学術的には用いられない。



人間は、皮膚からでも毒素を吸収します。
体の部位により、その吸収率は異なりますが、一番吸収率が高いのは、他でもない、生殖器です。


そしてその経皮毒は、生殖器や周辺皮膚を通して体内に入り、さまざまな害をおよぼします。

子宮内膜症、子宮頸がん、そして不妊症が近年、増加の一途をたどっていますね。
それは、使い捨てナプキンが普及したことにも原因があると言われているのです。


不妊症で苦しんでいた女性が使い捨てナプキンから、布ナプキンに変えたことで妊娠できたという話も聞きます。

(もちろん100%そのお陰ではないでしょうが経皮毒が減り、さらには下半身の保温にもなるのでその効果はあったものと思われます)


そして私が怖くなるのは、使い捨てナプキンが普及した年代から子宮系の病気が増えているのであれば、紙オムツが普及し、乳児期から経皮毒におかされているここ10年くらいの赤ちゃんたちが大人になったとき、今以上に、子宮系の病気に苦しむ女性が増えているのではないか
ということです。



24時間おむつをつけている赤ちゃん。それがずっと紙オムツであれば来る日も来る日も、24時間経皮毒におかされていることになります。


女の子の赤ちゃんは、胎内で、しかも妊娠初期には子宮が完成します。そして産まれてくるときには、すでに、一生分の卵子を体内に持って産まれてくるのです。
思春期を迎えるよりずっと前から女の子のからだや生殖機能は、大事で、尊いものなのです。





女性器、女性のからだはデリケートなものだということは、同じ女であるママ自身が一番分かっていますよね。

24時間とは言わない。
起きている時間だけでも、娘さんを経皮毒から守ってあげませんか?

そうすることで少しでも娘さんの将来の病気や苦労のリスクを減らしてあげてください。

まだ小さなからだですが、女の子のからだには未来が宿っています。


新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー