布おむつは濡れた感じが分かるから
赤ちゃんが泣いて教えてくれる

…はずなのに!

「うちの子は泣かないの」
「うちの子はうんちしてたってニコニコしてる」

そういうお話もよく聞きます。


私が思うに、布おむつだからといって、赤ちゃんは「気持ち悪いよ~」と毎回ママに教えてくれるわけではありません。
教えない子もいっぱいいます。
でも布おむつが濡れても平気な顔していても、それは決して異常なことではありません。

それに、赤ちゃんはおむつが濡れた不快感で泣いていると思われがちですが(もちろん、そういう場合もあるでしょうが)、おしっこがたまった不快感を感じて「おしっこがしたいよ~」と泣くこともあるのです。
特に新生児などでは排尿する筋肉も未発達なことから、泣くことでおしっこを出しているという説(?)もあるようです。


泣いたとしても、泣かなかったとしても、赤ちゃんはママのおむつアンテナに電波を飛ばしていることは確かです!
「おしっこだよ」「出そうだよ」「出ちゃったよ」とね。



もし、紙オムツつけていたら、赤ちゃんがニコニコしていたらおむつチェックしないと思いませんか?
ご機嫌であればおしっこのことは疑わない。
『おしっこサイン』に頼っていると、お母さんのおむつアンテナ感度はどんどん下がってしまうのです。


でも布おむつを使っていると、赤ちゃんがニコニコしていてもなんとなく気になっておむつを触ってみちゃう。
それが布おむつの不思議なチカラなんです。
赤ちゃんが泣く・泣かないは関係ないのかもしれない。
ただ『おしっこサイン』のない布おむつを使っていることで、お母さんは本来の母としての観察眼が鍛えられるんだと私は思っています。



もしかしたら、濡れたおむつでもニコニコしている赤ちゃんは
「濡れちゃった。だからもうすぐお母さんが綺麗にしてくれる♡」

そんなことを考えているのかもしれませんね(^^)

新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー