トイレトレーニングの悩みって尽きませんよね。

077

何歳から始めるの?
しゃべれないと無理?
周囲からのプレッシャー?
今と昔の違いは?
2人目妊娠中でなかなか…。

トイレトレーニングは皆が同じように進むわけではないからこそ、何度も壁にぶち当たってしまうお母さんも多いことでしょう。

そこで、トイレトレーニングを進めていく上で、出てくる悩みや疑問について対処案をご紹介しようと思います。
私も子供2人しか育ててませんが、トイレトレーニングはストレスフリーで早めに終わることができたので、自分の経験や、周囲から得た情報を元にお答えしていきますね。




トイレトレーニングのよくある悩み

1 おしっこ間隔が2時間空いてから始めるべき?


おしっこの間隔が2時間空いていなくてもトイレトレーニングはできます。
むしろ、短い間隔のほうが、成功するチャンスが多くなります。


2 トイレを怖がってしまう


洋式トイレは大人にとってはなんてことない高さですが
子供にとっては随分高く、足がつかないこと、便器が深いことなどで
不安や恐怖を感じやすいです。
可能であればおまるを準備されることをお勧めします。


3 トイレに座っても出ないのにおむつをつけた途端おしっこが出る


おむつを着けていない状態で排泄することに慣れていないためです。
トイレに座った時に、ママがおむつを股にあててあげると出やすくなります。
もし出なかったときも、トイレ後すぐにおむつを着けるのではなく
排尿の失敗を経験させるのもいいでしょう。


4 トレーニングパンツは必要?


3層、6層など、漏れないことを謳ったトレーニングパンツも販売されていますが
正直、トレパンでもおしっこは漏れますし、乾きづらいという欠点もあります。
トイレトレーニングなら、布のパンツでじゅうぶんです。
布のパンツなら、卒業後も使えます。


5 おしっこは出来てもうんちはできない


いつも決まった場所でうんちをしていた子に多いです。
そんなときはノーパンで過ごさせて、うんち体勢に入ったら
おまる、またはオムツで出てきたうんちをキャッチしてあげるといいです。
オムツをお尻に当ててもOK。



6 トイレに行くのを嫌がる


誘って嫌がる場合は、誘わないのがベターです。
もちろんお漏らし覚悟で、パンツかノーパンで過ごさせます。
そしてタイミングを見計らって、誘うのではなく声かけをします。

○「おしっこは大丈夫?出そうなときは教えてね」
×「トイレ行くよ」「おしっこ出るんじゃない?」

本人に意識付けをさせるだけに留めておきましょう。


7 外出時はおむつでいい?


できれば外出時もパンツにしましょう。
数日間は外出先も、漏らしても大丈夫な外遊びや実家などにします。
もちろん着替えは持参しましょう。
特に2歳過ぎている場合は、外出時だけおむつにすると
使い分けを覚えてしまうことがあります。


8 誘えばトイレで出来る。誘わないようにしないと進まない?


誘えばほぼ完ぺきにトイレで出来るようになれば
次は自分からトイレに行くよう、ステップアップしなくてはいけません。
誘うのではなく声かけだけにしましょう。

○「おしっこは大丈夫?出そうなときは教えてね」
×「トイレ行くよ」「おしっこ出るんじゃない?」


9 パンツがびしょびしょでも平気な顔・・・


パンツが濡れても気にしない子の場合はノーパンにしておきましょう。
冬であっても、部屋の中はある程度適温に保たれていますよね。
ノーパンで過ごしてもまず大丈夫です。(子どもは強いです!)
そして、おしっこが出る瞬間、出る様子をしっかりと目で見ることから始めましょう。


10 夜はどうするべき?


昼間パンツで過ごすことがメインになったのであれば、夜もパンツにすることをお勧めします。
子供自身の自覚を促すためです。
特に、多くの人がトイレトレーニングを本格化する夏場であれば
汗で水分が排出されるので、おねしょする確率は冬よりも低いはずです。
もちろんおねしょに備えて、おねしょシーツを準備しておきましょう。
おねしょが続いて、本人が嫌がる場合は、夜だけねときちんと話しておむつをつけましょう。



新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー