うちの長男は、生後7ヵ月のときに
保育園に入園しました。市立の保育園です。


笑う子ども

近頃、布おむつ推奨の保育園も増えているようですが
うちの子が入園することになったところは
そういう園ではありませんでした。


入園が決まり、それに先立ち担任の先生との顔合わせに行ったとき、
普段の生活のこととともに、もちろんおむつのことも報告する機会がありました。

布おむつを使っていることを伝え、「布でも大丈夫でしょうか?」と尋ねると、
先生は「もちろんですよ、園では私たちが母親代わりですから。
布でも紙でも、お母さんのやり方に合わせますよ」と言ってくださいました。

「布の場合ですと、使用済みおむつはお湯で手洗いのみしてお返しすることになりますが、
それで宜しいですか?」と聞かれました。

私は、保育園では下洗いすらしてもらえないと思っていたので
「もちろん!十分です」と答えました。

さすがにうんちおむつをそのまま半日放置してバッグに詰め込まれるのはツライですもんね(苦笑)
下洗いをしてくださるというだけで、とても有難かったです。



そして入園後。特におむつに関するトラブルなどはありません。
が。入園して2ヵ月くらい経ったころでしょうか。担任の先生に言われたのが、
「できたらお昼寝のときだけ紙おむつにしたいのですが」ということでした。

午後のお昼寝時、せっかく寝付いても、おしっこが気持ち悪くて起きてしまうことがあると・・・。


もちろん、気持ち悪くて起きてしまうというのは、それが自然の摂理であって
だからといって紙オムツっていうのも正直疑問があったのですが、
先生たちにとってお昼寝の時間というのはきっと貴重なんですよね。

子どもたちがいてはできない仕事を片付ける時間・・・。
それに母親であればまだしも、先生たちは1人あたり何人もの子供の世話をしているのですから・・・。

なので私もOKし、その後は毎日紙オムツを1枚持たせるようにしています。


毎日1枚・・・結構な消費量なのですが、ほとんどの子どもが紙オムツの中、
これ以上先生に迷惑をかけられない・・・と
心のどこかで負い目を感じちゃうんですよね。


だけど、うちの保育園では、1歳前から気軽におまるに座らせてくれて、
お昼寝から起きたときも、紙オムツが濡れてなければ、おまるでおしっこをさせてくれます。

なので、お昼寝用の紙オムツ1枚も、少し経てばすぐに濡れずに帰ってくるようになりました。



それとおむつのこと。
園には輪形おむつを持たせていますが、下洗いをしてもらってるとはいえ、
おむつに含まれたおしっこは完全には除去されていません。

それを絞った状態でビニールに入れて返されるのですが、
帰宅してそれを開けた時のニオイはやっぱりすごい(汗)
アンモニア臭がプンプンです・・・。


果たして先生がどの程度の下洗いをしてくれているのかは不明なんですけど・・・
まあ仕方ないですよね。


そしてその濡れた状態で少なくとも半日放置されているおむつ。
保育園に入園してから、変色やカビが目立つようになりました。
黒やピンクの斑点がどんどん増えていき、意を決して塩素系漂白剤を使ってみたけど効果ナシ。
もう白さを取り戻すのは無理なようです;;


でも、保育園で「迎えに行くまで浸け置きしててください!」なんていうのは無理ですし、
ここは諦めるしかないですね。

新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー