布おむつのメリットといえば、『肌に優しい』『経済的』『ゴミが出ない』というのがよく言われているものですね。
「布おむつのメリットはなんだと思いますか?」と問えば、上述の3つを答える人が大部分でしょう。
だけど意外に知られていない、メリットから生まれるメリットもあるのです。
育児書や育児雑誌には書かれていない、布おむつの知られざる本当の魅力があります。

065


布おむつの真のメリット7項目

1、いざというとき頼れるものがある

例えば母親の体調が悪いとき、忙しいとき、少し眠りたいとき…。紙オムツに慣れているとそれでもしんどいと感じることがあります。それ以上、手の抜けるところがなく、精神的に追い詰められます。
だけど布おむつメインで子育てをしていると、辛いときは紙オムツがあります。布おむつが“大変”とは思いませんが、紙オムツのほうが“すぐに自分がやらねばいけないこと”が減るのは事実なので、一時的に紙オムツを使うことで、ずいぶん精神的に楽になるし、体力も回復できます。



2、洗濯物が増えるからこそステップアップできる


紙オムツは捨てるだけなので(臭いけど)、それ以上を求めようとする人は少ないです。
だけど布おむつは、毎日洗濯することで、使った枚数を明確に知ることができ、その枚数を「多いな」「減らしたいな」と思ったときに、おむつ以外で排泄させようとする考えが自然に浮かびます。1日に数回おまるやトイレに座らせて排泄させるだけでも使用する布おむつを減らすことができますし、それはもちろん赤ちゃん本人の快適さにもつながります。
布おむつを使い、洗濯という工程を取り入れるだけで、赤ちゃんの肌の健康には最適な育児法にいつのまにか導かれるのです。



3、いろいろ調べるからこそ知識が身につく


紙オムツを使う人たちと、布おむつを使う人たち、色んな知識を広く取り込もうとするのは後者だと感じます。
最初は布おむつの種類や使い方を知ろうという目的ですが、それを調べているうちに、布おむつ・そして紙オムツの原料のこと、ゴミ問題のこと、節約のこと、赤ちゃんの排泄の仕組み、おむつの使用意義、できるだけ自然な生活をすること etc…。多岐に渡った知識をいつのまにか取り込むことができます。
そして、今の、これからの自分の生活を見直す機会が増えるのです。



4、おむつや排泄物を汚いと思わなくなる


不思議なものですが、人間「捨てる」ものには「汚い」イメージを持ちます。だけど「使い続ける」ものには「愛着」がわきます。まるで正反対の印象です。我が子にあてるおむつという同じ目的で使うものなのに、こんなにも違う印象を受けるのです。
子供の排泄物を汚いと思うなんて、すごく悲しいことだと思いませんか。
「うわ…」と思うよりも「たくさん出たね♪」と楽しめたほうが、子供にもそして自分にも良いに決まってます。



5、物不足も怖くない


大規模震災が起きたとき、被災地はもちろんですが、被災地以外で全国的に発生した「物不足」。工場がストップしたり、流通が止まったり、使い捨てできるものは必要物資として被災地に優先的に送られたりします。東日本大震災のときも、紙オムツがお店から消えましたね。
被災地ではもちろん紙オムツが必要です。ですがいつだって「被災した人」よりも「被災していない人」のほうが多いのです。
となれば、直接被災しなかった人達ができるのは、使い捨てに頼らない生活をしていくことです。もちろん、災害が起きていきなりスイッチするのは難しい。だからこそ普段から布おむつに慣れておくと、緊急時にも慌てなくて済みます。
また干ばつなども災害の一つですから、水が必要な布おむつだけに固執するのではなく、おむつなし育児も取り入れて、母子ともに慣れておくと気持ちが楽になるでしょう。



6、ワンサイズという選択肢がある

布おむつはサイズが変わるたびにおむつカバーを買い換えないといけないのが「無駄」と感じられるかもしれませんが、最近はワンサイズのシェアがどんどん広がっています。そこで考えてみれば、ワンサイズって布おむつだけの特権なのです。
紙オムツだって嫌でもサイズアップは必要です。そしてサイズが上がるたびに単価も上がります。それを考えると、繰り返し使えるからこそできるワンサイズ布おむつって、コストパフォーマンスの面では最強でしょう。



7、上の子にとっても良い経験になる


限られた資源を大切にすること。ゴミをしっかり分別すること。汚れたものの手洗いの仕方。おむつの干し方。そんなお母さんの後ろ姿。
第2子以降の場合は、お兄ちゃん・お姉ちゃんはお母さんの子育てをしっかりと見ています。大きい子はもちろん、まだ幼い子たちもちゃんと見ています。
布おむつは、たくさんの『経験』を生み出します。その経験から芽生える兄・姉としての自覚もあります。そして、布おむつ育児から学ぶことは、子供たちにとっても大きな財産になります。
おむつなし育児でも同じです。小さな弟や妹をトイレに誘い、排泄を手伝ってあげる経験も、お兄ちゃん・お姉ちゃんをより大きく成長させてくれるでしょう。




布おむつの真のメリット7項目のまとめ


育児雑誌やネットで目にする「布おむつのメリット」は、あくまで表面上のものにすぎないということ、お分かりいただけたでしょうか?
布おむつの魅力や利点は、もっともっと深いところにいくらでも眠っているのです。使っていると、その深いところにある魅力に次々に出会えます。
紙オムツに「ハマる」人はいない、でも布おむつには「ハマる」人がたくさんいるのはそのためなんです。


新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー