たとえば妻が「布おむつを使いたい!」と言い出したとして、「よし!そうしよう!」と即、賛成する夫は果たしているでしょうか。



紙オムツ育児が主流となっている今、母親となる女性ですら「布おむつのことはよく分からない」という方が多いでしょう。
それが男性となれば尚更多いことと思います。

かく言う私の夫も、はじめは布おむつには乗り気ではありませんでした。
(まぁ肝心の私ですら乗り気じゃなかったくらいですから(笑))

私が妊娠してからは妊婦向けの雑誌を片っ端から読んでいた夫なので、布おむつがどんなものかは分かっていたようです。
そしてその上で、やはり乗り気ではなかったのです。


長男が産まれ布おむつ生活が始まり、当時は「嫌だ」なんて一言も言いませんでしたが、かなりあとになって聞いたら、本音は少し面倒だと思っていたそうです。


私は夫のそんな気持ちは知る由もありませんでしたが、なぜかうんちおむつだけは「私が洗うから置いといていいよ」と声をかけていました。
自分は母親だから、我が子の排泄物を素手で洗うことは気にもならなかったけど、夫はあまりしたくないのでは…と漠然と思っていたのです。

そしてこれは正解だったらしく、かなり後になって聞いてみたら、確かにうんちを素手で洗うことにはじめは抵抗はあったそうです。


パパも慣れる!

でもやっぱり“慣れ”ってすごいんです!

月齢が進み大人と同じようなものを食べている息子の排泄物は、きっとはじめの頃より相当臭いもキツく、汚れも頑固ですが、主人は率先してゴシゴシと洗ってくれます。
洗う段階から、干して畳むまで完璧にこなしています。

おむつ替えだってもちろんお手のもの。
どの種類のカバーであれ、慣れた手つきでさっと替えてくれます。

カラフルなおむつカバーをつけて歩く息子を見て、「あのお尻がたまらなく可愛いよね~」とまで言っています。

私と同じくらい布おむつにどっぷりです。今では「布おむつで良かった」と心から思うそうです。


ただそんな夫も、布おむつを息子につけて、「やっぱり紙より気持ちよさそうだな」とは思わないそうです。

私は毎回思うんです。紙を使うたびに「なんかガサガサして気持ち悪そうだな」。布をあてたら「やっぱりこっちが気持ちよさそうだな」って。
さすがにこの感覚は、生理用のケミカルナプキンを使ったことのある女性にしか分からないようです(苦笑)



世間のパパは布おむつ育児に協力してくれている?

以前、当サイトでアンケートを実施しました。

Q パパは布おむつに協力的?の問いに270名の回答がありましたが、
その中の17.5%が「非協力的」と答えていました。

非協力的というパパたちは、布おむつということが関係してるのかは分かりません。
もしかしたら紙オムツでも非協力的なのかもしれないし…。

でも、可愛い我が子のおむつを替える時間なんて本当にあっという間に過ぎていきますからね。
あとで、「やっておけばよかった」と言っても遅いですよ!

できるだけ、協力して、赤ちゃんと触れ合ってくださいね。



新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー