私が布おむつが好きな理由、そして皆さんにオススメする理由の一つに「布おむつは母子のコミュニケーションの媒体になる」というものがあります。


126


布おむつを使うと、母親が能動的に行動します。
出たかどうか気になる→自身の手指を使って濡れているかチェックする。
そして「替えたい」「替えてあげたい」そういう自らの意志で自然と体が動きます。

逆に紙オムツを使っていると、母親は受動的な行動をします。
時計に時間を教えてもらって、そろそろ替えようかという気持ちになる。
もしくは紙オムツのおしっこサインを見て、赤ちゃんの排泄の知らせをもらう。そしておむつを交換する。
「替えてあげたい」よりも「替えなくちゃ」と感じる場合が多くなるのです。


能動的な行動と受動的な行動、その双方の大きな違いは満足感だと私は思います。

自らがそうしたくて動く、例えば睡眠や食事もそうですね、そういう能動的な行動はその後に満足感が待っています。
逆に周囲に指示されたり求められたりして動く、例えばお手伝いや勉強、仕事など。そういうものの後には疲労感が待っていることが多いのです。

この相対関係は、ママのストレスにも大きく影響していると思います。

布おむつと育児ストレスの記事でも触れていますが、布おむつだからストレスがたまるということはレッテルでしかありません。紙オムツだから育児ストレスがないという人はいないのが、物語ってくれています。


おむつは必要なものです。おむつ交換は、毎日何度も何度も繰り返される、育児の代表的な営みです。
だからこそ、ママが能動的に動くか受動的に動くかには大きな意味があるような気がするのです。



新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー