布おむつの使い方と一言で言っても、意外に見落とされているのが生後6ヶ月以降(ここでは高月齢乳児と呼びます)や幼児を対象とした記載です。

育児雑誌の布おむつ特集や、布おむつのサイトでも、使い方説明の対象とされているのは十中八九が低月齢乳児。高月齢乳児や幼児向けの説明はほとんど見かけません。

無論、布にしろ紙にしろ、“おむつの使い方”においては新米ママ向きのための特集というのが前提ですから、自然と対象はまだネンネの低月齢乳児になります。

同じ乳児でも、ハイハイやつかまり立ちが始まった高月齢乳児や、さらに月齢が進んで歩くようになった1〜2歳の幼児を対象とした“布おむつの使い方”を調べようと思っても、答えにたどり着かないという声を耳にします。

紙オムツであれば、上述のような月齢向きのパンツ型紙オムツの使い方はCMで流れているだけで済む話なので、誰も疑問には思いません。

041

ですが布おむつは違います。
低月齢乳児〜高月齢乳児〜幼児にかけて、布おむつは種類や使い方が徐々に変化していきます。
ですから、月齢にあわせた布おむつの使い方・選び方をピンポイントで知るチャンスが必要なのです。

情報にたどり着けないがために、「高月齢乳児・幼児からの布おむつは無理なのか?」と意気消沈してしまう人もいるのです。


最初に言っておきますが、布おむつは月齢に関係なく始められます。
生まれたてホヤホヤ0ヶ月の赤ちゃんでも、ハイハイ真っ盛りの赤ちゃんでも、イタズラ盛りの1歳児でも大丈夫です。

それを念頭に置いた上で、高月齢乳児からの布おむつ、幼児からの布おむつの不安や疑問を取り除いていきましょう。


6ヶ月〜12ヶ月に布おむつに変えることの不安

準備するものはを具体的に知りたい!

6ヶ月〜12ヶ月で布おむつを始める場合に必要なものは以下です。
輪形おむつ 20枚
成型おむつ 10枚
内ベルトおむつカバー 5〜6枚
バケツ 2個
重曹 ひとまず1kg
洗濯板 1個(うんちがゆるめの子のみ)
最低限、これだけあれば始められます。


低月齢乳児と同じように布おむつ+カバー?

生後6ヶ月〜12ヶ月の赤ちゃんの場合、基本は低月齢乳児と同じく、布おむつ+おむつカバーという組み合わせで問題ありません。
おむつカバーは内ベルトタイプのものを選びましょう。6〜12ヶ月であれば、サイズは70〜80が一般的です。

ただし、上述のような組み合わせでは、カバーにおむつを乗せて、その状態を維持しながら当てるという方法になります。
手馴れているお母さんなら問題ありませんが、動きが活発になった今から始めるお母さんには難しい部分があります。
そういう不安があれば一体型布おむつを選ぶといいでしょう。厚みがあるので少し乾きづらいのが難点ですが、紙オムツと同じ要領で使用できるのは初心者向きです。
一体型布おむつは、当サイトのショッピング館でも扱っていますので、興味があればチェックしてみてください。→一体型布おむつ|おひさまのおしりの布おむつ屋さん


おむつカバーのマジックテープを取ってしまわない?

高月齢期向きのおむつカバーは内ベルトタイプになっているので、赤ちゃんが簡単に外すことはありません。
また最近はマジックテープではなくスナップボタンのポケット式布おむつや一体型おむつも増えていますから、赤ちゃんのイタズラの心配はないでしょう。
もちろん、動き盛りでもカバー自体がずれたり、外れてしまうということもありません。


おむつカバーのサイズはどうしたら?

目安ですが6ヶ月〜11ヶ月くらいならサイズ80、12ヶ月以降であればサイズ90が一般的です。もちろん6ヶ月で細身の子であればサイズ70を選ぶのもいいでしょう。
ほほえみ工房からはサイズ幅の広いカバーも登場しています。ワンサイズを買うのはちょっと予算オーバーだけど、コスパを重視したいという方は、高月齢期に長く使えるこのフリータイプおむつカバーを検討されてもいいかもしれません。フリータイプおむつカバーについて


パンツタイプのおむつカバーってどうなの?

パンツタイプのおむつカバーには2タイプあります。
完全なるパンツタイプ(ウエストがゴムで伸びるタイプ)と、サイドにボタンがついていてパンツタイプ紙オムツのように開いて脱がせることができるタイプです。
前者は強くオススメはしていません。うんち処理が大変になることが多いからです。
後者であれば試す価値はあるでしょう。おむつを中に挟み込むのは多少の慣れが必要ですが、カバーになったりパンツになったりと姿を変えるおむつカバーは、高月齢の赤ちゃんにはぴったりです。
当サイトのショッピング館では、パンツタイプのカバーではなく、パンツタイプの布おむつを扱っています。これはおむつを挟み込む必要がないタイプなので、興味がある方はチェックしてみてくださいね。→パンツタイプ布おむつ|おひさまのおしりの布おむつ屋さん


動き盛り… 仰向けでおむつ交換は無理?

仰向けでのおむつ交換は積み重ねが大事です。
ずっと布おむつだったお子さんたちの話を聞くと「ハイハイを始めた時期はじっとしてなくて大変だったが、1歳近くなるとおむつ替えのことがちゃんと分かるようで、終わるまで仰向けで寝ていてくれるようになった」と話すお母さんが非常に多いのです。
もし、布おむつにスイッチする前、パンツタイプ紙オムツを使っていたのだとしたら、いきなり仰向けでの交換は難しいでしょう。
交換のスタイルにはこだわらず、パンツタイプのカバーや、立ったまま替えられる一体型などを活用して、まずは布おむつに慣れるのがベストです。


夜はどうしたらいい?

高月齢乳児の場合、夜の睡眠には個人差があります。
すでに朝までぐっすりの子もいれば、まだ授乳や夜泣きで起きる子もいるでしょう。
個人的には前者の子には紙オムツ、後者の子には布おむつをお勧めしています。理由はもちろんおむつ交換ができるタイミングがあるか否かです。
また、夜は漏れてしまうと布団まで染み込んでしまい、後が大変になってしまうので、日中は通気性重視のカバーを使っている場合でも、夜だけは防水性重視のカバーを使うといいですね。



1歳〜2歳のあいだに布おむつに変えることの不安

準備するものはを具体的に知りたい!

1歳台で布おむつを始める場合に必要なものは以下です。
輪形おむつ 10枚
成型おむつ 20枚
内ベルトorパンツタイプおむつカバー 4枚
トレーニングパンツ 4〜5枚
バケツ 2個
重曹 ひとまず1kg
洗濯板 1個(うんちがゆるめの子のみ)
最低限、これだけあれば始められます。


布おむつは動きづらい?

紙オムツからいきなりチェンジすると、布おむつは動きづらそうに見えるものです。
ですが1歳代であれば布おむつ+カバーの使用法でまったく問題ありません。動きを妨げる、まして成長をさまたげるということもありません。
ですが、2歳をすぎたら考えものです。2歳前後は、下着の着脱を覚えるべき時期に入ります。
おむつを交換してもらうという受け身ばかりでなく、自分で脱ぎ穿きができるようトレーニングパンツ・布パンツ(通常の幼児用綿下着)を取り入れていったほうがいいでしょう。


おしっこ量も多いから漏れやすい?

1歳すぎたらおしっこの量も多くなっていますよね。
ですが、輪形おむつを2枚重ねにし、サイズのあったおむつカバーを使用していれば、量が多いからといって漏れる心配はありません。
また、漏れるほど量が多い子というのは、おしっこを溜めて出すタイプの子なので、「どうしても漏れる」と感じたときはそのタイミングでトイレに誘導してあげるといいでしょう。


トイレトレーニングとの兼ね合いは?

1歳を過ぎていればトイレトレーニングを視野に入れていいでしょう。
布おむつにすれば教えてくれるようになるかなと考えている人も多いとおもいますが、布おむつに変えたとたん、おしっこを感じ取って教えてくれる子供はほとんどいません。
ですが、明らかに変化が出るのはお母さんのほう。布おむつを使っているだけで「まだかな?」「出たかな?」としょっちゅう気になるようになります。それがトイレトレーニングの第1歩になります。


トイレトレーニングを進めていくなら、布おむつはどう取り入れる?

もう歩ける子であればトレーニングパンツの中に布おむつを挟み込むという方法があります。
おしっこ量が多ければ、布おむつを貫通してトレパンまでびっしょり濡れてしまうことも多いですが、床に水たまりができることはありませんしお母さんの負担も少ないでしょう。
トレパンに挟み込むおむつは、もし持っていれば成型おむつのほうが挟みやすく便利かもしれません。

030


布おむつは「いつまで」?

布おむつを始めるのに遅すぎるということはありません。

布おむつのカバーは、日本サイズなら90、海外サイズでも15kgくらいには対応したサイズが売られていますから、1〜2歳でも問題ないということです。
寝返りの時期でも、ハイハイの時期でも、あんよの時期でも、時期に応じた工夫をしながら布おむつを楽しむことはできます。

ですが、個人的には2歳近くなった子は「布おむつ」という選択ではなく「パンツ」という選択をしてほしいと思います。

遅くても2歳には始めたいのが自分で下着の着脱をする練習です。
親におむつを交換してもらうだけでなく、自分で脱いだり穿いたりすることで、自身の排泄への意識を高めることもできます。もちろん生活習慣である着替えの練習の一部でもあるのです。

それにトイレトレーニングの意味合いを含めるか否かはお母さんの考え方次第ですが、1歳半〜2歳くらいにはおむつ割合を100%ではなく、90%、80%と減らしていくのも良いのではないでしょうか。


新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー