082布おむつが気になりながらも、なかなか踏み出せないというあなた。
その決断の材料として、布おむつでなく布ナプキンを買ってみてください!


布ナプキンなら、1枚だけ買うのはとっても安価です。それに、あと何十年も使うチャンスがありますし、自分の下着を洗うという感覚で使えるので手軽だと思います。

産後まだ生理が再開していない人も、ナプキンの必要がなくても、布ナプキンを一度ショーツにつけて過ごしてみてください。使い捨てナプキンしか使ったことのない人は、その快適さに驚くはずです。


使い捨てナプキンしか使ったことがなければ、それが当たり前だと思ってしまうでしょう。
けれど、布ナプキンを使ってみればそこで初めて、使い捨てナプキンがいかに不快だったかを知ることができます。



布ナプキンを使ってみる意味


布ナプキンを1枚買って、使ってみたあなた。何を感じましたか?
赤ちゃんのおむつに対しての考え方が、使う前より変わってきたのではないでしょうか。

布ナプキンを使ってみると、“手軽で楽なんだから紙オムツでいいでしょ”とは、なかなか言えなくなってくるはずです。



布ナプキンを使っている女性が母親になった場合、ほとんどが布おむつを選択しています。(もちろん紙オムツもうまく併用)
その理由はただ一つ、布の気持ちよさと、使い捨てケミカルの不快さを知っているからです。自らが体感、そして自覚した不快から我が子を遠ざけたいと思うのは母親として当然でしょう。


一方、使い捨てナプキンしか知らない女性は、母親になったときも紙オムツを選んでしまう傾向にあると思います。
使い終わったらクルッと丸めて捨てるだけの紙オムツは、身近に感じるでしょうから。
そして何より、布の気持ちよさを知り得ないから、布おむつという選択肢が浮かびにくいのだと思います。



試しやすい布ナプキン


布ナプキンもいろいろ種類がありますが、初心者には一体型で手軽に使えるwemoonがオススメです。防水一体型の布ナプキンは1枚だけで使うことができます。(使い捨てナプキンと使い方は同じです)
それに加えて、アルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダ)があると洗濯に便利です。

使い終わった布ナプキンは、可能であれば軽く手洗いをして経血を流し、アルカリウォッシュを溶かした水に着けておきます。その後ネットに入れて洗濯をします・誰にでもできる工程。とっても簡単です。



まとめ

個人的には…布おむつのことはひとまず横に置いといて、一人の女性として、一人の女性であるあなたに布ナプキンをオススメします。布ナプキンを使ってみると、いろんな部分で、違う考え方、違う感じ方ができるようになるからです。

もちろん、布ナプキンを使ったことがなくても布おむつを使っている人もいます。(実は私もそうです)布ナプキンの魅力を知る前でも、布おむつの魅力に気づけることだってあります。

だけど、布のつけ心地を知らないままで布おむつを始めて続けていくのと、知った上で始めて続けていくのでは、モチベーションが大きく変わってくると思うのです。


知らないままだと、「洗濯が面倒=もういいや」になってしまいがちですが、布ナプキンのつけ心地を知っているとそんな単純な方程式は浮かびません。
081


女性は得なのです。
生理・ナプキンという媒体で、布とケミカルの比較ができるのですから。赤ちゃんのために何を選べばいいのか、考えるチャンスがあります。
そのチャンスを棒に振るのはもったいないことだと思いませんか。

無論、布ナプキンを試した上で、または布おむつを使った上で、最終的に紙オムツという選択をするのは間違いではありません。それが「答え」なのですから。


さあ、あなたの「答え」は…?



新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー