布おむつの特徴。
分かってらっしゃる方は多いと思いますが、
改めて書いておきます。


まず第一は使い捨てではないということですね。
一度買い揃えたおむつを洗って
何度も繰り返し使うことができます。

「おむつがなくなりそう!」と焦ることも、
乳飲み子を抱え、重たい紙オムツを買いに行く手間も必要ありません。

ということは、もちろんお金もかかりません。
さらにはオムツゴミが出ないのでにおいが気になることもありませんし、
ゴミ出しも楽。
ゴミが減るということは、エコにもつながります。


次に肌触り。
紙オムツが目指す「コットンのような肌触り」。
布おむつは綿素材ですので、正真正銘「コットンの肌触り」です。
もちろん綿は天然素材ですので、デリケートな赤ちゃんのお尻にも安心です。
赤ちゃんをはじめ、子どもの肌着はみんな綿素材ですものね。
やはり人の肌に一番優しいのはコットンだと、私は思ってます。

“紙オムツ”と呼ばれているものは、ご存知のとおり“紙”ではありません。
いくら研究を重ねられているとはいっても、
「安心」で比べると、やはり布おむつの比ではないと考えています。


さらには、当て方が自由自在というのも布おむつの特徴のひとつです。
よって、我が子に「合う」「合わない」ということはなく、
「合わせる」ことができるのです。

紙オムツだと、1P買って「合わなかった!」となれば、
1P使いきるまでが大変だと思いますが、
布おむつであれば、1度失敗すれば、次のおむつ替えのときから改善することができます。


布おむつだとおむつ替えの回数は紙おむつユーザーの2倍ほどになると思います。
布おむつは紙オムツほどの吸収力がないですし、“1枚〇〇円”という概念もないので
ほんの少しのおしっこでもすぐに取り替えてあげたくなります。

「まだ吸収できそうだからもう少しこのままで・・・」
こんなことを言う布おむつユーザーはおそらく一人もいないでしょう。

おしっこの量に関係なく、出たら替える。

そういう本来の育児の姿を思い出させてくれる布おむつは
確実に「母としての観察力」をUPさせてくれます。

新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー