紙おむつの一ブランド「ムーニー」でお馴染みユニ・チャームと、長崎大学の共同研究で「赤ちゃんは紙おむつ素材の触感の違いを区別していて、素材の気持ち良さを実感している」ことが実証できたというのです。ご存知でしたか?

121


どのような研究がおこなわれたかと言うと生後2ヶ月〜6ヶ月の乳児(男女)を対象に、素材・風合いの異なる2種類の紙オムツを使用し、職刺激による脳の血流量変化を測定したそうです。
その結果、紙オムツの素材の違いによって血流量の明らかな変化が認められたとのこと。つまり赤ちゃんは肌感触で、その素材の違いを感じ取っているということが証明されたのです。

この研究は種類の異なる紙オムツで実験されていますが、『紙オムツ』と大別できる素材の違いも敏感に感じ取っている赤ちゃん。そのことから、紙オムツと布おむつでの違いも、しっかりと感じ取っていると想像できます。

『布おむつにしてから、交換のときに赤ちゃんがよく笑うようになった』という話をよく聞きますが、それも頷けますね。


たかがおむつ。されどおむつ。
赤ちゃんが「気持ちいい」を感じ取っているのなら、お母さん自身が納得できる、赤ちゃんに着けてあげたくなる肌触りのおむつを選びたいものです。

参考:「赤ちゃんの脳はおむつ素材の違いを区別し“気持ちいい”触感を実感」

新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー