061

布おむつって漏れやすいのか?漏れにくいのか?
今回は「漏れ」にスポットをあててみたいと思います。


おしっこの「漏れ」

おしっこが漏れる場合は、腿周りから漏れて(滲みでて)衣類まで濡れてしまうといケースがほとんどだと思います。
その原因は吸収体となる布おむつ(インサーツ)の幅にあります。

おむつカバーの幅に対して細めに布おむつを畳むようにすると、おしっこの漏れはほとんどなくなります。
成形おむつの場合は両端をわずかに折っておくだけでOKです。

月齢が上がっている場合は布おむつの吸水量のキャパを超えているということも考えられます。
毎回布おむつが全体的にずっしりと濡れるようになったら、おむつを2重にしてもいいかもしれません^^

また男女でここが違う!布おむつのたたみ方 初級編でも紹介していますが、男の子は前、女の子は後ろに厚みをつける、もしくはねずみ返しならぬおしっこ返しを作るようにすると、漏れはほとんどなくなるでしょう。



おしっこの場合は「にじみ」がある

おしっこのおむつを交換するとき、おむつカバーの内側がじめっとしていることを“漏れている”と勘違いされる方も多いのですが、「漏れ」と「にじみ」は別物です。
「にじみ」はおむの内側で起こるもの、いっぽう「漏れ」はおむつの外まで影響するものです。

「にじみ」はとくに綿のおむつカバーで起こります。おしっこがおむつを通過してカバーまで湿ってしまいます。ですがほとんどのおむつカバーは防水布が入っているのでおむつの外側まで濡れることはありません。
おむつを交換したときにカバーの内側が湿っているというときは、おむつカバー2〜3枚を交互で使う(使い終わったものはしばらく干しておく)、もしくは布おむつを2重にして吸収力をアップさせるなどの対策が有効です。



うんちの「漏れ」

うんちが漏れるのは腿周りに加えて、後ろというケースも多いでしょう。

毎回うんちが漏れるという場合はおむつカバーのサイズが合っていないという可能性が一番高いです。カバーが小さすぎる、または大きすぎる、どちらも漏れの原因になります。

また個人的な考えですが、表面がさらっとしている紙おむつに比べて、布おむつ(とくに輪形おむつや一体型、フィット型おむつ)はシワ(ヒダ)がよくできます。つまり凹凸が多いのです。
そのため、柔らかめのうんちもおむつの中で滑ることが少なく、おむつの中に留まってくれることが多いように思います。



布おむつの漏れについてユーザーの声

●カバーが汚れることはあっても、肌着が汚れたことはありません。
紙おむつだと、背中漏れ連発します。布で漏れたのは、私が眠すぎて夜中のおむつ交換をサボった時に1回だけ容量オーバーで漏らしちゃったくらいです。!

●うちはおしっこでたよサインらしきものが分からなかったから、時間を決めてチェック。おむつカバーからおむつがはみ出ててズボン濡らしたことはあるけど、おむつの吸収量超えて漏れたって記憶は無いかな〜。

●数回分のおしっこを放置しておくと漏れると思いますが、おしっこ出たよのサインを見逃さなければ我が家では漏れることはほぼないですね。その分オムツカバーは体にフィットした物を選ぶ必要がありますが(ー ー;)

●漏れることはあまりなかったです。普段から汚れた布おむつを洗っているので漏れても大して気にならず、「漏れちゃった。オムツのついでに服もジャブジャブ。全身お着替え〜♪」くらいにしか思わなかったです。


まとめ

布おむつだから漏れやすいということはありません。
漏れるときは漏れる!というのは紙おむつでも布おむつでも同じ。
しかしどうせ洗わなくてはいけない布おむつのほうが、漏れた時の精神的ダメージは少ないかもしれません^^


新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー