「布おむつだとおむつ外れが早い」
一般的に言われていたのは、今となっては
一昔前の話でしょうか。

今は
「布おむつでも紙オムツでも、おむつ外れの時期に
影響はないことが証明されている」
というのが浸透していますよね。


けれど、私はやっぱり布おむつの子は早い気がします。

というよりも
おむつ卒業が早かった子は布おむつの割合が高いと思っています。
これは私の知る限りのお子さんたちの話です。
もちろん、布おむつでも遅い子もいるし、逆に紙オムツでも早かった子もいるでしょう。


ただ、トイレトレーニング・おむつ外れに関していろいろ調べたり、
実体験を見聞きして思うのは、
まるで子供のもののように思われているトイレトレーニングだけど、
実際にトイレトレーニングが必要なのは子供ではなく親だということ。

言うまでもなく、親がトイレで排泄する練習をするわけではありません。
親が、子供の排泄に付き合う訓練をしなくてはいけないのです。


布おむつの子がおむつ外れが早いと言われる所以には、それがあると私は思います。


昔、布おむつが当たり前だった時代は、排泄物で汚れたおむつ(下着)を洗うのが当たり前。
おしっこやうんちが漏れて当たり前。

「トイレトレーニングだ!トレパンだ!トイレだ!」と意気込む必要もなかったはずです。
つまり布おむつは、使っているときからトイレトレーニングをしていることと同じなのです。


トイレトレーニング中の紙オムツユーザーからよく聞きますが
「パンツを汚されるのがつらい」
「うんちを洗うのが億劫」

ということです。

手を汚さない、“クルリン・ポイッ”の紙オムツ育児の結果としてし
か生まれない言葉だと思います。

一方、布おむつで育児をしていると、上にも書いたように、
汚れたものを洗うのは育児の中で当たり前のこと。
布おむつ育児はトイレトレーニングの序章だと私は感じています。
親も子も、知らず知らずのうちにトイレトレーニングに片足突っ込んでるんです。
だから何も気負うことなくスムーズにパンツの練習へ移行できるのです。


おむつ外れの時期は「個性」と、今はその一言で片付けられます。


「個性」が関係しているのはもちろんだと思います。
誰でも同じように進むわけがない。

でもそれ以前にトイレトレーニングに必要なのは「親のやる気と覚悟」なのです。
だから布おむつだって紙オムツだって根底は関係ない。
親さえやる気になれば、子供は月齢も個性も関係なく、おむつは外れると思います。




新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー