布おむつの利点として
「経済的」というのがよく挙げられますが
それは本当か?


私は必ずしもそうではない気がします。

理由は、布おむつユーザーでも
お金をかける人とかけない人の差が大きいと思うからです。


ですが結果的に見て、お金をかけた人であっても、
紙オンリーで育てた場合よりお金はかかってないとは思います。

が、紙オムツは大体の相場が決まっているのに対し、布おむつは実に様々。
すべてお下がりで揃える人もいれば、すべて買い揃える人もいる。
かわいいおむつを見つけると、ついつい買ってしまいたくなるのも
布おむつユーザーの性ですしね(^^;


ってなことで、布おむつは必ずしも経済的~♪とはいえないと思うんです。


そこで、布おむつと紙オムツにかかる金額を改めて計算してみました。


┌────────────────────────────────┐

 2歳6ヶ月でおむつが卒業できたと仮定して計算しました。
 いずれも仮定平均値です。

└────────────────────────────────┘


【紙オムツの場合】

オムツ代 1ヶ月5,000円 × 2年6ヶ月(30ヶ月)=150,000円
(仮定)

ゴミ処理(ゴミ袋)代 1ヶ月100円 × 2年6ヶ月(30ヶ月)=3,000円
(仮定)

オムツ代 150,000円 + ゴミ処理代 3,000円 = 153,000円/子供1人

306,000円/子供2人
459,000円/子供3人

紙オムツの場合“おむつを使う期間” と “子供の人数” が大きく影響します。
2歳ではずれれば約12万円なのに対し、3歳なら18万円、4歳なら24万円ほどかかります。
子供の人数も同じく、増えるたびに、同じだけの費用がかかるのはやはり厳しい出費となりますね。


【布おむつ(紙併用)の場合】

輪形おむつ代(約60枚) 6,000円

おむつカバー代 50cm×4枚=4,000円、60cm×2枚=2,000円、
       70cm×2枚=2,000円、80cm×4枚=4,000円、90cm×2枚=2,000円=14,000円

おむつとカバーの合計 2,0000円

紙オムツ代 2年6ヶ月(30ヶ月)=5パック(2ヶ月に1パック)=15,000円

布おむつ+併用の紙オムツ、全部あわせても35,000円程です。

そして忘れてはいけないのが、洗濯が必要な布おむつに欠かせない水道光熱費。
我が家の場合は布おむつを始めてから(長男が生まれてから)
水道光熱費は1,000円ほどUPしました。

1,000円も!?と思われるかもしれませんが、家族が一人増えたわけですから、
おむつに限らず洗濯物も増える。なので、おむつのせいだけで上がったとは思っていません。

仮に、すべて布おむつが原因の値上がりだとしても
1,000円×2年6ヶ月(30ヶ月)=3,0000円。
先に計算した購入費とあわせて、もし、布おむつコレクションを
必要以上に買ったとしても1~2万円でしょうから
1人の子どもを育てるのに必要な金額は約65,200円+αという結果になりました。


紙オムツオンリー 153,000円
布メイン(紙併用)  65,200円+α
やはり、差は歴然ですね。

ちなみに2人の子どもを育てた場合、その差はさらに広がります。

↑の計算で、紙オムツで子供2人育てたら約30万円という結果になりましたが、
布おむつの場合は、おむつを揃える必要がないので、
水道光熱費(+時々買う紙オムツ)の3~5万円だけで済むということになります。

3人目以降も、もちろん同じこと。(買い足しは必要になるでしょうけどね^^)
2人目以降は水道光熱費だけで育てられるというのは、布おむつの大きな利点だと思います。


つまり、布おむつにどれだけ散財するかによって変わってはくるけれど、
やはり布おむつのほうが断然安く済むということですね。




新発売・再入荷

リピート率No,1 バンブーおむつ(ワンサイズ) こだわり派に絶大な人気 マザーイーズ(ワンサイズ) 元気ベビーにイチオシ はかせるタイプのパンツ型カバー